スポンサードリンク

2006年09月27日

五十肩治療

五十治療は、どの時期に五十肩治療を受けるかにより回復度合いが異なります。
五十肩には
発症初期→急性期→慢性期→回復期があります。

今回は、五十肩治療 発症初期について。
五十肩と聞くと、腕があがらない、激痛などイメージがありませんか?
これは、発症してから時間が経過してからの五十肩の症状です。
「エッ!いきなり肩が上がらなくなったけど」
と言われ、五十肩治療に来院される方も少なくありません。
しかし、いきなり症状は出ません 見逃しているのです。
五十肩の 発症初期での症状
朝布団で伸びをすると、腕の付け根や肩に違和感を感じる
女性であれば、エプロンや下着を後ろでとめにくくなった
洗濯物を干していると、終わるころには肩がダルイ
こんな症状が、五十肩 発症初期での症状です。

通常痛みでなく、ダルサや違和感であれば経過観察でよいと思いますが
違和感から痛みに変わった
いつまでたっても違和感が取れない
少しずつ、違和感を感じる頻度が増え、イタミが強くなっている
こんな時は急いで五十肩治療受ける必要があります。


実は40肩 痛みは、いきなり急性期激しい肩痛みでなく
肩痛みの発症初期があり
あれ?最近腕上げにくいな?着替えの時に少し腕動かしにくい
なんて思っていると
ある日突然 、腕を動かした時ズキッときます。

この激しい痛みを感じる時が、40肩・50肩の急性期と呼ばれ
40肩・50肩で悩む時期で一番 肩の痛みが強い時のようです。

40肩・50肩の急性期 痛みの特徴
腕を動かした時に腕、肩に感じる激しい痛みのために制限される事です。
(先ほどの、洗濯・着替え・エプロンなどの動作がつらい時期のこと)

40肩・50肩 急性期 痛みは通常2〜4週間で治まります。

40肩・50肩の急性期の治療
安静(動かさない)・腕、肩の痛い部分に熱をもっていたら(触って熱かったら)アイシング。

この時期に、友人及び、40肩・50肩経験者のアドバイスや、素人判断で40肩・50肩は動かさないと固まると思い、腕や肩の痛みを我慢して無理に動かすと40肩・50肩が治るまでに期間が長引きますよ。
posted by 肩 痛み at 16:49| 日記